わかりやすいフィラリア対策と投与の予定一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
我が家のペットちゃんの健康を守るためには欠かせない出費だとはわかっているものの、出来れば少しでも安く購入したいというのは飼い主なら共通の思いですよね。 いま使えるお得なクーポンコードはこちら

購入金額の10%OFFクーポン【 RSQ8YYF2 】

  クーポンコードは商品お買い上げの際、レジの【ステップ 5: ご注文確認】にてご使用頂けます。 ※ クーポン(コード)の使用は会員様ごとに1回までとなっております。 ※ クーポン(コード)の有効期限は2017年8月31日(木)までとなっています。

わかりやすいフィラリア対策と投与の予定一覧

犬のフィラリア症を予防するにはどうすれば良いのか

まず、予防するためには2つの方法があります。実際には1つしかないに等しいです。
フィラリア症に犬が発症すると3年以内に亡くなる可能性が極めて高いので何としてでも予防したいですよね。

  • 蚊に刺されないように注意する
  • フィラリアの予防薬を投与してフィラリア症を防ぐ

注意して犬が蚊に刺されないようにする場合

今のところ、予防対策としてはこの2つぐらいしかありません。
そして、確実に防ぐのであればどうしても予防薬が必要となります。
愛犬が亡くなる確率が高い病気なのにこのような方法しかないのはちょっと驚きですよね。
まず、蚊に刺されないようにするには蚊の活動時期を知っておく必要があります。
蚊は主に気温15度以上で活動をします。残念ながら近年の地球温暖化の影響もあり、活動期間が少しずつ伸びてしまっているのが現実です。それでは、室内飼いの犬であれば蚊に刺される心配がないのでしょうか。たしかに、外で飼っている犬にくらべれば断然室内飼いの犬のほうが蚊に刺される可能性が少ないのはわかりますよね。しかし、蚊は室内にも入ってきます。蚊が室内に入ってくる時点でフィラリア症を予防するまでにはいかないというわけです。

予防薬を投与してフィラリア症を防ぐ場合

という訳で確実に犬がフィラリア症にならないようにするには予防薬を投与して蚊に刺されても問題がないようにするという方法が一番確実です。しかし、薬を買い続けるのは経済的にも負担が大きくなかなか手を出しにくいと思います。そこで、一番良い方法としては蚊が活動している時期のみ予防薬を投与してフィラリア症を防ぎ、蚊が活動していないもしくはあまり活動していない期間は室内で飼うというのが経済的にもフィラリア症になる確率を下げる意味でも良い方法だと思います。それでは予防薬の投与ペースとタイミングについて知っていきましょう。

投与のタイミングとペースについて

まず投与のタイミングとしては感染開始後1カ月から終了後1カ月までの期間と予防薬には記載されています。また、月に1回のペースで予防薬を投与していきます。つまり、蚊が活動し始めてから1か月後、蚊の活動が終わってから1カ月後まで毎月1回ずつ予防薬の投与を行っていきます。予防と聞くとなんか難しそうなイメージがありますが、実際は予防薬を使うことで簡単に犬がフィラリア症にならないように予防することができるという訳です。人気の予防薬については当サイトのトップページにも記載がありますので良かったら参考にしてみて下さいね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


犬のフィラリア予防薬ランキング


おすすめ記事